?

経理部が人手不足という経営者におすすめの記帳代行サービス

明細書とお札と電卓

記帳代行で煩わしい経理をすっきりさせましょう

会社の経理には時間と手間がかかります。毎日コツコツと専属の人が行ってどうにかこうにか回しているという会社も多いでしょう。専属の人がいないとなると、期限前にあわてて帳尻を合わせるようなことになってしまい、煩雑になることは免れません。また経理ばかりに気を取られ本業がおろそかになってしまっては本末転倒です。
経理のスペシャリストを雇用するといっても、なかなかいい人材に巡り合う事は難しいのが実情です。そんな時は記帳代行サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。こまかな領収書などを会計ソフトにひとつひとつ入力していく作業は経理のなかでも一番こまかで面倒な作業です。その作業を記帳代行してもらえばそれだけでも他の営業業務などに時間を割くことができます。また、専門の業者が記帳代行するので入力漏れなどの心配もなくなります。
経理代行によって、経理を担当する社員の業務を他の業務に振り分けられるので、経理が心配だからと新たに人材を雇うことに比べれば、かなり人件費抑制にも効果があることでしょう。こまかな経理は面倒だと思う方、安心して営業に専念したいなどと考えている会社の方は一度経理代行の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

記帳代行サービスを利用して業務の負担を軽減

会社の仕事の中で、その会社が社会に貢献して利益を上げるための主幹となる業務と、それをサポートする補助的な業務があります。後者は、前者の業務が円滑に回るようにするために不可欠な業務とは言え、それ自体で何かを生産してくれるわけではありません。例としては、経理関連の業務が代表的なもので、こうした業務は経理代行サービスを導入することで、大幅な業務負担の軽減が可能になります。
経理代行サービス業者では、記帳代行を含む幅広いサポートを提供してくれます。経理関連の業務も、細かいものも含めれば様々ですか、経理代行サービスを導入することで、最も業務負担の軽減に貢献してくれるのは、何と言っても記帳代行でしょう。記帳には、会計処理に関する詳しい知識と、それに基づいて正確に会計ソフトの入力処理やイレギュラー対応もこなせる実務的スキルが不可欠です。
こうしたスキルを持つ人材を社員として雇えば、人件費はかなりのものになりますし、事務担当者に兼任させるべく教え込むにしても、その労力がまたばかになりません。それよりも、記帳代行を社外のエキスパートに依頼する方が、記帳内容の正確性と経費の2つの側面において、遥かにお得な選択と言えるでしょう。

経理上のミスを減らすならプロに記帳代行を依頼

種々の経理関連業の中でも、記帳は、非常に神経を使う仕事です。会計ソフトを利用する場合、仕分けの内容に基づいて経理関連の帳簿を自動で作成するタイプのものが多いので、記帳のミスはそのまま帳簿のミスにつながってしまいます。そこで、是非とも導入を検討したいのが、経理代行サービス、その中でも特に、記帳代行です。
経理代行サービスで請け負ってくれる業務の範囲は記帳代行だけではありませんが、優先的に利用すべきなのは、作業量の多い記帳代行でしょう。作業量が多くなると、その分、ミスも増える可能性が高くなります。経理代行サービスの記帳代行は、簿記や会計の知識を持ち、会計ソフトの処理に慣れた人材をアウトソーシングという形で活用できるため、会社としても安心して作業を任せることができます。依頼側としてやるべきことと言えば、各種請求書に領収書、それに預金通帳の写しを業者に渡すだけです。こうした資料がないと、記帳代行を確実に行うことが出来ないため、最低限、文書・資料の保管はきちんとする必要がありますが、自分で記帳を行うことに比べれば、負担はぐんと軽くなるはずです。
煩雑な記帳業務を信頼性の高い専門スタッフに外注できる記帳代行、是非、利用してみましょう。


実績があり安心!記帳代行をお考えの方には「ライト・コミュニケーション」がおすすめです。毎月の記帳代行は150社以上で、東京での経理記帳は10年以上の豊富な実績があるので、安心してご利用頂けます。